植物プラセンタって何?

植物プラセンタって何?

植物プラセンタとは、植物由来のプラセンタのことです。

 

プラセンタとは胎盤のことなので、厳密にいうとプラセンタではありません。

 

植物には胎盤がありませんが、胎座という部分から抽出されます。

 

発芽が起きる部分なので栄養が豊富に含まれています。

 

植物プラセンタは動物プラセンタと同じように、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどが含まれています。

 

プラセンタを摂取することでシミやシワの改善、肌の水分量低下の防止などの働きが期待できるのですが、これらはアミノ酸によるところが大きいです。

 

植物プラセンタにもアミノ酸が含まれているので美肌作用が期待できます。

 

植物プラセンタと動物プラセンタの違いは成長因子です。

 

動物プラセンタには含まれていますが、植物プラセンタには含まれていません。

 

胎児の成長スピードは速いですが、成長因子に働きが関係しています。

 

成長因子は肌細胞の生まれ変わりを整えてくれます。

 

植物プラセンタは安全性が高いです。

 

動物の場合は寄生虫や抗生物質などの薬の影響が心配されますが、植物プラセンタならこのような心配はありません。

 

また、ベジタリアンでも植物性なら摂取できます。

 

植物プラセンタの原料には、アロエ、クロレラ、ライムギ、トウモロコシなどが利用されています。

 

プラセンタをとっておく

 

日本ではあまり、というよりもほぼゼロに近いのではないでしょうか。

 

出産後の胎盤、つまり自分のプラセンタを保存しておくということです。

 

日本では、プラセンタというと、豚の胎盤などがメインとなっていますが、海外では、自分が出産した後の胎盤を病院で保存してもらい、退院時にそれをもらいます。

 

そして、それを冷蔵庫に保存しておき、スープなどにプラセンタを粉々にして入れて飲み、それで健康を維持するなんていうことをよくやっています。

 

確かに自分の胎盤を飲むというのはちょっと嫌かもしれませんが、その胎盤を通じて自分の子供もおなかの中で栄養をもらっていた大切なモノなのです。

 

それをさらに体に入れて健康を維持できるのであれば、これはとても良いことだと思いますし、何よりもプラセンタのサプリなどを買う必要のない、無料のプラセンタなので、お得なのです。

 

このプラセンタ、食べ物で言えば生ものなのかなと思っていましたが、ラップなどにくるんで冷蔵庫に保存しておけば、何年でもその状態をキープできるようで、かなり日持ちするのです。

 

ですから、もし今から出産するという方は、このプラセンタを病院に頼んで保管してもらうと産後もきれいでいられます。